快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #15「警察官の仕事」

 今回も実質パトレンジャー単独回と言って差し支えないストーリー。しかしながら、快盗も前回同様周辺をウロウロしてはいるものの、直接本人たちに会っていたりと急接近の様相を呈しています。

 一方、ギャングラーの方はほぼトゲーノ単独となり、「倒されるべき相手」以上の存在ではなくなりました。要するに、パトレンジャーによるトゲーノ攻略戦を重厚に描き、それをルパンレンジャーが目撃するという構図を押し出しているわけです。



“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #15「警察官の仕事」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #14「はりめぐらされた罠」

 完全にパトレンジャー側のお話。ルパンレンジャーは周囲をウロウロしているだけということで、2チームを擁する企画にしては実に大胆なアンバランス構成ですが、これはこれで「大アリ」と思わせるんですよね。

 実は新ガジェット獲得エピソードでもあり、そこに至る危難をちゃんと描くところが近年のシリーズでは異色にも映ります。前後編で尺も豊富ですしね。



“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #14「はりめぐらされた罠」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #13「最高で最低な休日」

 ごく私的な記録として、今年のGWは部屋の片付け等に負われて最低レベルの休日だったのですが、本エピソードは最高でした(笑)。

 チーム内のWヒロイン編や、敵の女幹部との共闘編といったエピソードは戦隊の定番になっていますが、敵対する別戦隊それぞれのヒロインがタッグを組むというのは、構造的に初の試みとなるわけで、新鮮味は抜群。二人の意外性を照らし出した作劇も実に良かったですね。



“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #13「最高で最低な休日」” の続きを読む

バンダイ 1/144 & 1/350 レジスタンスビークルセット

バンダイ 1/144 & 1/350 レジスタンスビークルセット

 最後のジェダイ、Blu-rayが発売されたので見まくってます(笑)。

 ライアン・ジョンソン監督の考えたルーク・スカイウォーカー像と、ファンの期待するそれに乖離があったためか、物議を醸しました。批判百出という印象すらありましたね。

 結局ファンが求めるルーク像は、そのまま劇中のジェダイ伝説と相似であり、本編ではそれをルークの言動を通して否定しようとした…というのが本当のところ(まあ、結果的にルーク自ら伝説と化すことで「反乱の火花」を拡げたわけですが)。

 後は、レジスタンスの面々が「思いつきの作戦」にことごとく失敗し次々と危機を招く展開には、爽快感が皆無という点も受け容れ難かったのでは。その代表の一つであるホルド提督のくだり。私は提督の「困った顔で強気の姿勢」を観れば観るほど好きになっていくのですが(笑)。

 すみません。プラモの話をしないと…。

“バンダイ 1/144 & 1/350 レジスタンスビークルセット” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #12「魔法の腕輪」

 いやぁ、いい話でした。

 快盗側はその目的意識がいわゆる「正義」とは全く別種でしかも強固であるため、なかなか往年の戦隊を想起させる話は作りにくいと思っていましたが、こういう手もあるんですね。

 透真のややニヒルなキャラクターの中に、深い優しさが込められていることを如実に示す筋運びが素晴らしい。アニメ版の「ゲッターロボ」での隼人のような匂いを感じます(誰も原作漫画の隼人とは言ってない・笑)。あるいは態度が軟化している時の次元大介とか。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #12「魔法の腕輪」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #11「撮影は続くよどこまでも」

 前回のシリアスムードから一転、コミカル色を全面的に繰り出してきた一編。

 こういった、ぶっ飛び系のアイディアを盛り込んだエピソードは「寒い」ものになってしまう危険性もはらんでいるわけですが、演者の楽しんでいる雰囲気が巧く画面上に漂っていて、実にバランスの良い笑いに。

 勿論、MVPは咲也です(笑)。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #11「撮影は続くよどこまでも」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #10「まだ終わってない」

 前回のラスト、衝撃のルパンコレクション消滅には、驚かされました。

 ここからどう体制を立て直すのか…が今回の肝となるわけですが、ブレッツ生存という悪く言えば「ぬるま湯」な解決を採用しつつも、ドラマは見事に重厚。

 そこには仇敵ザミーゴの本格登場が効いたわけですね。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #10「まだ終わってない」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #9「もう一度会うために」

 新ガジェット登場編のフォーマットではありますが、近年は新ガジェットが数回に一度の頻度で登場することもあって、一工夫も二工夫も必要になっています。

 今回はその「工夫」がドラマ重視という方針に振り切られており、三つ巴構造が織りなす重層的なドラマに目を奪われっぱなしになりました。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #9「もう一度会うために」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #8「快盗の正体」

 今回も素晴らしく面白かったですね。

 予測、プロファイリング、張り込み、囮捜査といった刑事モノのセオリーを押さえて硬質な筋運びをしつつ、全編にわたってギャグテイストが横溢するという、面白くならないわけがない組み合わせ、見事に開花していました。

 ルパン側も事前に捜査状況を察知し、あの手この手で疑いから逃れようとするのが素晴らしい。怪人もルパンコレクションもなくとも、これだけ面白い話が作れるよ! という気概が感じられますね。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #8「快盗の正体」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #7「いつも助けられて」

 待望の初美花編。

 彼女らしく、いつもの調子でコミカルな巻き込まれデートを展開するのかと思いきや、幼少期から直近のトラウマまでを描き、咲也をしっかり利用するしたたかさを通じてそのキャラクター性を掘り下げ、かなりシリアス寄りの展開に。非常に見応えがありました。

 周囲の人物の出番を削ぎ落としつつ、ちゃんとそれぞれの思慮を描写しているところも素晴らしく、描写を疎かにしない姿勢には快感すら覚えます。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #7「いつも助けられて」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #6「守るべきものは」

 パトレンジャー格好良すぎるだろ! と思わせる好編。快盗に負けた悔しさから暴走気味の圭一郎と、彼の良心を共有していたつかさ。蚊帳の外でオロオロする可愛い咲也。もう最高ですよね。

 次回に向けて初美花と咲也を軽く会わせておくという段取りもナイスでした。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #6「守るべきものは」” の続きを読む

バンダイ ビークルモデル 011 Xウイング・ファイター レジスタンス ブルー中隊仕様

バンダイ ビークルモデル 011 Xウイング・ファイター レジスタンス ブルー中隊仕様

 休日が多用でなかなかプラモ製作が進みません。

 「最後のジェダイ」のDVDやBlu-ray予約が開始され、またまた自分の中でスター・ウォーズ熱が盛り上がって来たのですが、このタイミングでこのXウイングを完成させられたのは嬉しい限りです。

 冒頭の激戦以外、あまり活躍の場がなかったブルー中隊ですが、基本的に前作とタイプは同じなので、活躍が見たければ「フォースの覚醒」を見れば良い…となんだかマーチャンダイジング的には失敗のような気もしますが。

 現に、「最後のジェダイ」仕様のプラモデルは前作のリデコばかりでリリース数も少なめ。ちょっと寂しいですね。

“バンダイ ビークルモデル 011 Xウイング・ファイター レジスタンス ブルー中隊仕様” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #5「狙われた国際警察」

 何でこうも毎回面白いんでしょうか。

 「○○を見たか?」シリーズを休止してしまいましたけど、こんなに面白いんだったら続ければ良かったかも(笑)。しかし、やはり現在の状況だとそれは厳しいので、こちらで軽く続けさせて頂きます。

 今回は遂に魁利と圭一郎の明確な直接対決が描かれ、これまで流れの中で何となく牽制し合っていた両者の雰囲気が、一気に変化しました。

 国際警察がルパンコレクションを扱っていることに関して、劇中で意外に早く言及され始めたのも驚きでしたね。やはり1クールごとを目安に、物語の区切を付けていく意図があるのかも知れませんが、果たして…?

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #5「狙われた国際警察」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #4「許されない関係」

 今回も抜群の面白さ。前回が一応のところ透真編だったのに対し、今回はつかさ編。

 既につかさの隠れた性癖(?)は何となく予想されていたとは言え、サブタイトルから受けるミステリアスな雰囲気は見事に裏切られ(笑)、コミカルなシーンを伴う良質な刑事モノとして成立していたのは素晴らしかったです。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #4「許されない関係」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #3「絶対に取り戻す」

 初回のテンションを保ったまま突っ走ってくれますね~。何が素晴らしいって、両戦隊のポジショニングですよ。

 パトレンジャーは勧善懲悪のカリカチュアライズと、ステレオタイプなライバルチーム、そしてサイエンス系戦隊のハイブリッド。

 ルパンレンジャーはアウトロー風のポリシーを掲げるベビーフェイス、そこに親和性の高いファンタジー系戦隊の雰囲気をプラス。

 序盤で既にこれらの匙加減が存分に活かされる形になり、ストーリーテリングとギミックのバランスの良さに感嘆させられます。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #3「絶対に取り戻す」” の続きを読む